« その日その日が第一日目である。 | トップページ | 化粧を覚える前に女を磨け »

本当はアクセス数を増やしたいわけではなかった。

これまで、アクセス数を伸ばす方法というのを書いてきました。アクセスアップに興味がある方の中には、どうやったらアクセス数が上がるのだろうと興味津々に読んだかもしれません。しかし私は「アクセス数をあげたいならまずはコンテンツを充実させろ」みたいなことしか書いていません。中にはガックリきた方もいると思います。

でも、もう一度考えてください。

アクセスアップが本当の目的ですか?

「自分の考えに共感してくれる人を見つけたい」
「同じテーマについて語り合える友人を見つけたい」
「アフェリエイトで売上を伸ばしたい」
「私をわかってくれる人を見つけたい」
「友達を作りたい」

きっと最初はこんな想いだったのではないでしょうか?

例えば、「私の考えをできるだけ多くの人に聞いてもらいたい」と考えていたとしよう。しかし、気がついたら「私の考え」はどこかにいってしまい、「多くの人に」だけが残っていたりはしないだろうか。やたらと大手サイトに媚びていたり、ネタがないのに更新してみたり。アクセス数を伸ばしたり、維持したりすることを第一にしていないだろうか。「私の考え」とはアクセス数を伸ばすことではなかったはずです。

これはネットだけのことではありません。健康のために運動をしようとプールに通い始めたはずなのに、気がついたらプールに通うことが目的となり、体調が優れないにもかかわらずプールに通って、体調を崩してしまったなんてこともありがちだと思いませんか。

要するに、手段と目的が入れ替わってはいないだろうか?ということです。
アクセス数を増やすことは「手段」であって「目的」ではないのです。

みんな、本当はアクセス数を増やしたいだけではなかったと思います。
多くの人の目に触れることで、共感してくれる人が出てくること願っただけではないでしょうか。
今、アナタが行っているアクセス数を増やす方法はアナタの目的に合っていますか?
その目的を満たすために、アクセスアップ以外の準備は終わりましたか?

多くの人に見てもらいたいという気持ちは、私も十分にわかります。
しかし、見てもらいたい自分の姿だけは見失わないようにしましょう。


<まとめ>
 あなたがアクセスアップを望む目的は何ですか?
 「アクセスアップに努力する姿を多くの人に見せるため」ではないですよね?
 
 
 

 Amazon おすすめ商品[PR]本日発売の本をチェック
HTMLとスタイルシートによる最新Webサイト作成術―ホームページでなにを伝える?どう作る?HTMLとスタイルシートによる最新Webサイト作成術―ホームページでなにを伝える?どう作る?
¥ 1890
企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得
田坂 広志 ¥ 1470
ウケるブログ―Webで文章を“読ませる”ための100のコツウケるブログ―Webで文章を“読ませる”ための100のコツ
高瀬 賢一 ¥ 1239
「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール「分かりやすい表現」の技術―意図を正しく伝えるための16のルール
藤沢 晃治 ¥ 840

|

« その日その日が第一日目である。 | トップページ | 化粧を覚える前に女を磨け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1573/5332898

この記事へのトラックバック一覧です: 本当はアクセス数を増やしたいわけではなかった。:

» [雑記]アクセス数という手段と目的 [明日は明日の風が吹く]
 今日は、『304 Not Modified』さんの次の文章に対するトラックバックという事で。 本当はアクセス数を増やしたいわけではなかった。  う〜ん……微妙かな。基本的には賛成だけど、アクセスアップ自体を目的とすることもあるから、全面的に賛成とはいけないという感じ。  私は、読んでもらいたいからこそアクセス数を増やしたいというのもあるし、アクセス数自体が増えるのも面白いと思っている。つまり両方目的であり手段でもある。どっちつかずとも言えるが、それは私の手段としての取りようが特に無いからで... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 14:31

» [web関連の話]初心に帰ろう [いずみ広場]
昨日たまたま「本当はアクセス数を増やしたいわけではなかった。」と言う記事を見つけました。その記事を読んで、自分が最初にサイトを作った目的(と言うか理由)を思い出してみる事に。 私がパソコンを買う前からある友達が個人サイトを作っていたので、ネットが出来るよう... [続きを読む]

受信: 2007.05.14 14:20

« その日その日が第一日目である。 | トップページ | 化粧を覚える前に女を磨け »