« ニュースサイトは本屋さんです | トップページ | ブログで自分を変えていこう »

ブログは題名のないワークブックである

「ワークブック」というものを知っているだろうか?

goo辞書によると
「児童・生徒の補助教材や自習のために作られた練習帳。学習帳。」
という意味とある。

辞書上では学生が学ぶための補助教材となっているが、
最近は、自己啓発やプログラミングなど、社会人向けの
ワークブックが非常に増えてきた。通常の本では
なるほどで終わってしまうことでも、ワークブックなら
自分の頭で考え、自分で手を動かすことで、
記憶に残りやすく、発見も多いのが特徴である。

学生時代に、授業を聞いただけではわからなかったことが
問題集を解いたら理解できたということはないだろうか。
それと同じ感覚である。

ワークブックと呼ばれるものに最初に触れたのは
「就職活動を始めたとき」という人が多い。
就職活動をするには、2つの重要なことがあり、
一つは会社を知ること。もう一つは自分を知ること。
後者のために、今まで自分が何をしてきたのかを
知るために、ワークブックが非常に有効なのである。

さて、これは何かに似ていないだろうか。

私はワークブックとブログが非常に似ていると思っている。
今や、多くの人がブログを持ち、自分で書く以上に
他の人のブログを読むであろう。

そのとき、
「私も同じことを思っていた」
「それはあたりまえのことだよ」
などと思うこともあるでしょう。

しかし、それを自分のことばで書くことは非常に難しいのです。
「難しい」ということは分かっているよ~
と、あなたは今思いませんでしたか?
思った方は、それを自分で表現してみてください。
きっと多くのことが得られると思いますよ。

ワークブックを通じて、
ブログを通じて、
はたまた、人狼BBSというゲームを通じて
私が一番学んだことは、
自分の言葉で表現することの大事さです。
考えはことばにして初めて形になるのです。

しかし、ワークブックにあって、ブログにないものもあります。
それは、ワークブックには著者によって示された
最適な手順が存在するということです。ブログには、
それが存在しません。また、目的も書かれていません。

題名のないワークブック。
あなたが書くひとつひとつの「ことば」によってできていくものは
きっと、あなた自身のためになるでしょう。

<まとめ>
 想っているだけでは何も伝わらない。
 ことばにして初めて、何かが動き出す。
 
 
 

|

« ニュースサイトは本屋さんです | トップページ | ブログで自分を変えていこう »

コメント

はじめまして、りんごと申します。

ブログを書いていて思うのです。
自分の言葉にしてはじめて人の言っていたことを体験するんだと。
人に伝えて、それぞれが全く別の体験をするのかもしれません。

ところで、ブログは何かに似ています。
決まったカテゴリーもない。
決まったテーマもない。

砂の中をどんどん勝手に掘りすすめていくと
突然、きれいな貝殻が出てきます。
水で洗って、太陽にかざし、
「ほら」って見せます。

夏の日の砂浜みたいですね。

投稿: りんご(パズルと迷路で最強の塾をつくる!) | 2005.08.31 22:47

りんごさん、はじめまして。

夏の日の砂浜。例えがキレイでいいですね。私も探すのをあきらめずに、いっぱいいっぱいきれいな貝殻を見つけようと思います♪

たぶん、それは。自分のことばだから、自分には余計にきれいな、思い出の詰まったものなのでしょう。

投稿: まなめ | 2005.09.01 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1573/5652675

この記事へのトラックバック一覧です: ブログは題名のないワークブックである:

« ニュースサイトは本屋さんです | トップページ | ブログで自分を変えていこう »