« 代替可能と時間収斂 | トップページ | はてなブックマークで人気のエントリ(2007年1月版) »

サラリーマンはオンリーワンになるべきではない

今年は仕事の話を書くことが多い気がする。

きっかけは先日同様、ksh Days - プログラマのスキルレベルに依存しない体制ができたらプログラマはいらないような気がする件についてより。

「アレについてはやつにまかせておけば心配ない」と思われる人になって欲しい。

実にその通りである。
勘違いして受け止めてる人がでないよう、少々追記しておく。

○ アレについてはやつにまかせておけば心配ない
× アレはやつにしかできない

プログラマはオンリーワンにはなるべきでないと思う。

まず、代替不可能となってしまう。もし他の仕事に追われていても、自分しかできない仕事が発生してしまったら、自分しかできないという理由でそれをやらなくてはならない。もし他の人もできるのならば、代替可能なメンバーのうち手のあいているメンバーに仕事を振ることができるだろう。例え緊急のトラブルが発生しても、一人がずっと対応するのではなく当番制を布くことができるというものだ。

そして最も大きな理由は、品質が下がってしまうということだ。オンリーワンであるためにレビューができない。もし間違っていても誰も指摘ができないためにレビューの意味がなく、また、もし間違った知識で覚えていたりしたら本人ですら決して間違いに気づくことはできない。思い込みのバグは第三者の目以外では取ることは難しく、例えどんなに優秀な人でも一人にすべてをまかせることは良い品質を得ることができない。

また、これはプログラマだけでなくサラリーマン全体において当てはまると思う。企業という集団の中で仕事をするためには、個人にリスクを集中させてしまうのは良くないだろう。企業においてプレゼンテーション力やコミュニケーション力を求められることが多い理由は、新しいことを覚えたらまずノウハウを展開する重要さを把握していて、そのためには専門能力以上にそのような能力が必要だからであろう。

サラリーマンは代替可能であるべきだ。
管理者から見ても、担当から見ても。

上記を元に「優秀なサラリーマン」を考えてみたら以下のようになった。
これは優秀なサラリーマンと言えるだろうか。
これはアナタの理想とするサラリーマンだろうか。

1.仕事をまかせられる分野が幅広い人
2.仕事の品質やスピードが優れている人
3.新しい技術や知識を持ち込むことができる人
4.その技術や知識を多くの人と共有できる人
5.各メンバーの上記スキルを把握して、仕事を割り振ることができる人


はてなブックマークに追加
はてなブックマークのコメントを参照


組織を強くする技術の伝え方
畑村 洋太郎
講談社
売り上げランキング: 20671

|

« 代替可能と時間収斂 | トップページ | はてなブックマークで人気のエントリ(2007年1月版) »

コメント

>上記を元に「優秀なサラリーマン」を考えてみたら以下のようになった。

ちゃちゃ入れて済みません。
でも そんな能力ある人はサラリーマンなんてやってませんよね

投稿: elements | 2007.01.14 05:09

>そんな能力ある人はサラリーマンなんてやってませんよね

素晴らしいツッコミw
ただ、サラリーマンとしては超優秀でも、起業家としては不向きだったりするじゃないですか。こんな人が何に向いているのかが難しいですね。

投稿: まなめ | 2007.01.14 12:59

>でも そんな能力ある人はサラリーマンなんてやってませんよね

経営者に必要な才能と、サラリーマンに必要な才能は別ですね。

投稿: 鉄馬 | 2007.01.14 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1573/13483902

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンはオンリーワンになるべきではない:

» [コラム・エッセイ]サラリーマンはオンリーワンになるべきではない - 304 Not Modified [明日は明日の風が吹く]
 成果主義の会社などはこれが通らない面があって難しい。相対比較でしか成果を見ない成果主義の会社だと、同じ事を出来る人が「他にいない」方が自分の価値を大きく見せる事が出来るから。グループでの行動を評価する仕組みまであればともかく、そうでなければ「代替えが効... [続きを読む]

受信: 2007.01.14 22:19

» [仕事]*管理者とリーマンの埋められない溝 [ひろゆきの日記]
確かにビジネスを考える上では以下のエントリーは正論。 ○ アレについてはやつにまかせておけば心配ない × アレはやつにしかできない プログラマはオンリーワンにはなるべきでないと思う。 304 Not Modified: サラリーマンはオンリーワンになるべきではない しかし「アレ... [続きを読む]

受信: 2007.01.15 20:57

« 代替可能と時間収斂 | トップページ | はてなブックマークで人気のエントリ(2007年1月版) »