« 匿名ダイアリーをうらやましく思うとき | トップページ | 理解させるのではなく、自分で考えた気にさせる »

Lingua furancaを100倍楽しむ方法

以前、どんなブログに憧れますか?というエントリで疑問力のあるブロガーになりたいと書きましたが、ぶっちゃけ「お題が決まってれば記事なんて誰でも書ける」とか思ってたんですよ。そのな私がProject::Logistica.Lingua furanca.と、指定されたお題に対して皆で記事を書くというブログ企画に参加して思ったことを書いてみようと思います。

Logistica管理人のとしさんと、Lingua furancaキャプテンの白球さんの意図が私と同じとは限りませんが、私の中では、Logisticaでは普段書かない人が書きやすいように土壌を耕す役をやろうと思っていたのに対して、Lingua furancaでは楽しむ場という風に考え方が変化しています。今回のメンバーは元々書き慣れている人が多いというのがこう思った原因の一つです。

さて、ここからが本題。

Logisticaのときに思ったのですが、ニュースサイト管理人が書いているわけで、自分たちの企画を盛り上げるために、ニュースとして自分のサイトに紹介している方もいましたが、他のニュースと比較して浮いてしまうことも多かったです。こういうのを取り上げやすいサイトとそうでないサイトがあるので仕方ないでしょう。記事であってニュースではなかったのも原因の一つですね。

お題に対して答えるという形だと、自分語りをしてしまいがちだったり、あるいは表現にこだわったたがゆえに単なる読み物になってしまいがちなんです。ここから先は私の理想が入るけれど、自分語りは自分のブログでは普通のことだけれど、Lingua furancaという共同の場で自分の経験や事実だけを語ってもあまり意味がないと思ってて、そこから先にいかに繋げて読者に反応させるかが勝負所って考えちゃう。

あと、読み物ってのが実に難しくて、文章としてすごくうまいけれどそこで終わっていると感じることがある。これ、中にいると全然気づかないもの。だって、無意識のうちに内輪受けしちゃうから。Lingua furancaの共通テーマは「楽しむこと」なのですが、私にとってこの形式での一番の楽しみはかけひきなんですよ。同じお題に対して記事を書くという行為を共にした人たちの間では、どんな記事が出てきても「こう来たか!」と思ってしまう。

参加者の記事を数回見ればたいてい手の内も分かってくるので、さらにかけひきが楽しくなってくる。一番避けたいのは、ネタかぶり。一番うれしいコメントが「その発想はなかった」。こう思うようになると参加者に向けた記事になってしまい、完全に内輪受けサイクルに入ってしまうので、表現に拘りつつも外に向けて書く意識だけは捨てないよう努力していこうと思ってます。

ここまでで、「それでも多少は内輪受け部分があるんでしょ?」と Lingua furanca に対して思った方。この記事はそんなアナタのために書かれた記事なのです。インターネットというのは参加の文化なんですよ。どんなものでも、外から見ているだけよりも中に入って参加した方が100倍おもしろいのです。それは、Lingua furanca も一緒。だったら私は、この記事を読んだアナタを中に引き込むだけです。

Lingua furancaを100倍楽しむ方法。
それは、Lingua furancaに参加することなのです。

本日第二回のお題が発表されました。さっそく明日から執筆陣の記事が発表されますが、その前にこのお題について考えてください。そして記事を書いてトラックバックを送りましょう。その同じお題について考えたという共通体験が、Lingua furanca を楽しむ最大の秘訣だと思います。私と、かけひきを楽しんでみませんか?


はてなブックマークに追加
はてなブックマークのコメントを参照

リンガフランカ
リンガフランカ
posted with amazlet on 07.04.11
滝沢 麻耶
講談社 (2005/02/23)
売り上げランキング: 116461
おすすめ度の平均: 4.5
4 危うい
5 笑って泣けます
5 スカッとしました!

|

« 匿名ダイアリーをうらやましく思うとき | トップページ | 理解させるのではなく、自分で考えた気にさせる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1573/14683321

この記事へのトラックバック一覧です: Lingua furancaを100倍楽しむ方法:

» 始めた理由、続けてきた理由、続ける理由 [Logical Sebastian]
Lingua furanca.第二回目のお題「今のサイトを作った理由」が発表されました。 こういう企画は「斜め上を行く」能力を持たない人間にとっては出遅れるとネタが被りがちになるので、誰も書かないうちに書いてみようかと思います。 例え皆書き終わっているにしても、他人の目...... [続きを読む]

受信: 2007.04.15 13:19

» [blog]あなたと旅がしたいから [べにぢょのらぶこーる]
■Lingua furancaを100倍楽しむ方法 ( 304 Not Modified サマ ) 今回のお題は『今のサイトを作った理由』だそうな。 まなめ信者としては、まなめさんにこう言われたら書くっきゃないよね! ブログを更新するたびしみじみ思うのが、私は誰かに話を聞いて欲しかったんだ、と... [続きを読む]

受信: 2007.04.17 09:01

» りんふらのレベルアップのために [Logical Sebastian]
お題とは関係なく、りんふらそのものへのトラバです。 第二回半ばまでの感想。 りんふら。 個人的には、とても楽しく参加させて頂いています。 第一回の「サイトをやって得たもの」には「そこにいるから」で。 第二回の「今のサイトを作った理由」には「始めた理由、....... [続きを読む]

受信: 2007.04.29 01:36

» Lingua furanca.を一万倍楽しむ方法 [最終防衛ライン2]
Twitter / ululun: @lastline りんぶら論きぼん *Tw* 本当はりんふら論を今書きたくないんだけど、りんふらがすごくつまらない件について と耳の痛い指摘を受けたので書くことにする。りんふらの面白さは、「ストレートな物言いに強い感情が出てて、なんとなく考えさせる」... [続きを読む]

受信: 2007.11.02 16:35

« 匿名ダイアリーをうらやましく思うとき | トップページ | 理解させるのではなく、自分で考えた気にさせる »