« はてなブックマークがこの先生きのこるには | トップページ | 2012年のツイッターを3倍楽しむために、自分の「ふぁぼりまとめ」を作ってみよう »

私のお気に入りの本2011

  • 私のお気に入りの本2008 150冊
  • 私のお気に入りの本2009 73冊
  • 私のお気に入りの本2010 54冊

    今年で4年目です。年々読む本の数が減っておりましたが今年は週刊連載をやめたこともあって時間ができ、積みあがっていた読みたかった本を片付けたこともあって、88冊+3(予定)と、まあまあ読めたと思います。月10冊読めたのが5回あって、残りは全部6冊以下という読む月読まない月のムラもまたあった一年でした。そんな中で私がお届けする今年の5冊はコチラ。どれも一気に読まずにはいられないよ!


    ★成長していく組織が狂っていく過程に何を思うか

    砂の王国(上)
    砂の王国(上)
    posted with amazlet at 11.12.21
    荻原 浩
    講談社
    売り上げランキング: 58136

    砂の王国(下)
    砂の王国(下)
    posted with amazlet at 11.12.21
    荻原 浩
    講談社
    売り上げランキング: 57930

    内容を要約すると、ホームレスが宗教団体を作り、信者を増やしていく話。とまあ、嫌う人も少なくなさそうなテーマなんだけれど、その中に見える集団心理というか、人がなぜ宗教にハマっていくのか、そして大きな組織がどうやって狂っていくのかを描くことで、「カルト宗教や悪徳マルチは、こういう手口であなたたちを取り込んでいくんですよ」という警告でもある。どうして信者が多額のお金を出してしまうのかの心理にはなるほどと思わされた部分も。最後の終わり方が個人的には物足りなかったですが、これは読んでおきたい一冊でしょう。


    ★玉に傷のある超大作!だが、それがいい。

    ジェノサイド
    ジェノサイド
    posted with amazlet at 11.12.21
    高野 和明
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    売り上げランキング: 135

    Amazonでは歴史観がおかしいといった評価もあるようですが、その辺は私が無知であることもあって全然気にならずただ続きが気になって一気に読み切ってしまった臨場感あふれる一冊。直木賞候補どまりだったけれど、難しい用語や歴史のうんぬんがなければこれが絶対大賞ですね。創薬の学生に届いた亡き父からの一通のメール。そこから始まる壮大すぎるストーリーにひきこまれましょう!

    ★ものづくり好きにはたまらない作品

    下町ロケット
    下町ロケット
    posted with amazlet at 11.12.21
    池井戸 潤
    小学館
    売り上げランキング: 160

    最先端特許をめぐる中小企業vs大企業の熱い戦い。これが熱い!はじまり方に名作「夏のロケット」を彷彿とさせられたし、著者が「空飛ぶタイヤ」や「鉄の骨」という私の好きな作品ばかり書いてきた人だと知って凄く納得した。大企業の大企業らしさと、元研究者の中小企業経営者の熱すぎる特許戦争。ものづくりの気概が感じれる素晴らしい作品でした!


    ★時空を超えて生きるトキオに号泣必至

    時生 (講談社文庫)
    時生 (講談社文庫)
    posted with amazlet at 11.12.21
    東野 圭吾
    講談社
    売り上げランキング: 1918

    素直に泣いた作品。不治の病を患う息子に最期が訪れつつあるとき、その子を産む前に出会った謎の少年との想い出を語りだす。はっきりいってベタなストーリーだろうが、ここまでキレイにネタを回収してくれるとうれしくてたまらなくなる。2005年の作品ではあるけれど、気にせず読んでみましょう。


    ★こんな講義を受けてみたかった!

    ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)
    マイケル サンデル
    早川書房
    売り上げランキング: 5239
    ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)
    マイケル サンデル
    早川書房
    売り上げランキング: 12692

    おそらく高校時代に描いていた大学の講義ってこういう素晴らしいものだったと思う。導入でこう引き込まれちゃったら勝てないよね!って感じで好き。「哲学」は自分の視点と他人の視点とそれぞれの理由を知るためにも、一度は本気で考えておくべきことだと思うし、政治哲学の中でこのテーマは実に興味深いテーマで良かった。ただ良い講義というだけでなく、一度は考えておくべきことだと思う。

    ★次点

    ★今年のオススメラノベ「なれる!SE」

    なれる!SE―2週間でわかる?SE入門なれる!SE 2なれる!SE3 失敗しない?提案活動
    なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア

    私がSEということもあって、ハマり度が半端ない。読んでてすごい楽しい。あるある!とか、あの知識がこんな風に使われるのかーとか、ここは私の方が詳しいなとか。主人公は一応ネットワークエンジニアなのかな。自分の知らない分野だったので新鮮味も味わいながら。デスマーチの連続でイライラしちゃう人もいそうだけれど、自分はせいぜい二徹程度しか味わったことないので気軽にネタとして読めることも大きいかな。そういう嫌悪感を一つも抱かせない良い文章だからうまいってのもあるんだろうね。個人的には、プロジェクト管理が一番近くて好きです。


    はてなブックマークに追加
    はてなブックマークのコメントを参照

  • |

    « はてなブックマークがこの先生きのこるには | トップページ | 2012年のツイッターを3倍楽しむために、自分の「ふぁぼりまとめ」を作ってみよう »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1573/53538213

    この記事へのトラックバック一覧です: 私のお気に入りの本2011:

    « はてなブックマークがこの先生きのこるには | トップページ | 2012年のツイッターを3倍楽しむために、自分の「ふぁぼりまとめ」を作ってみよう »